世界を相手にする海外転売(ebay)とは ~ebayで稼ごう~

ebayとは世界最大のオークションサイトです。
アメリカを始め、イギリス、カナダ、中国、フランス、ロシア、イタリアなど
世界を相手に販売できるオークションサイトになります。

登録者で比べてみても、ヤフオク2500万人、メルカリ1000万人と、
日本のオークションサイト、フリマでも多くの方をターゲットにできますが、
ウィキペディア(Wikipedia)によるとebayは2007年時点で2億3,000万人と桁違いに多くなります。

国内転売のみだった方はさらに可能性が広がりますね。

ebayに参加する際に全て英語でのやり取りという壁はありますが翻訳すれば全く問題ないです。

どうしても不安という方は英語ができる外注さんを雇えばいいだけのことですので、
国内転売になれたら海外へと視野を広げていきましょう。

ebayで売れるもの

基本的には自分自身が日本で販売しているものをebayで同じように販売していくイメージですが、
その中でも日本ブランドを中心に販売していくことが望ましいです。

例えばカメラのニコン、キャノン、釣り具のダイワ、シマノ、時計であればシチズン、セイコーなど、
もちろんアニメ系も人気があります。

また、最近では日本ハムの大谷選手がエンゼルスに行って活躍した際に、
大谷グッズが高値を記録し日本のニュースでも話題になりました。

つまり、日本ではすぐ手に入るようなものでも海外ではなかなか手に入らないので、
そのようなものを見つけ出しebayに販売することになります。

僕は国内転売でブランド品転売をお勧めしていますが、
ebayでハイブランド品転売はかなり注意が必要ですのでおすすめをしておりません。

というのも人気ブランド品はメーカーからの指摘が入りやすく、
ebayから強制的に商品を削除されてしまいます。

これを繰り返すとサスペンド(出品停止)になる可能性が高く、
ebayに参加することさえもできなくなってしまう可能性がございます。
※実際にブランド品転売をしてアカウント停止になった方も知っています。

じゃあニコンやキャノンなどのメーカーからも指摘が入るんじゃないの?ということですが、
元ebayjapanの方から聞いた話ですが中古ハイブランドに比べると全然少ない。。。ということでこういった日本ブランドを狙っていきます。

ヤフオク・メルカリ国内転売とebay海外転売の両立

販売販路を増やすためにもヤフオク・メルカリ・ebay全て利用し、
同じ商品を3か所で出品していくことが好ましいと思います。

ebayはハードルが高いというイメージが強いのですが、
慣れてしまえばヤフオクやメルカリと変わりません。

ハードルが高く参入しないという方も多いためライバルが多い国内転売からの脱出もできます。

国内転売で転売のイメージができたらいち早く参入するべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です