ルイ・ヴィトンの本物と偽物の見分け方(刻印編)

こんにちは。Reiyaです。

今回は、日本人女性の4割が持っている「ルイ・ヴィトン」について、

本物と偽物の見分け方の一部を書いていきます。

ヤフオクやメルカリで購入したのが実は偽物だった。知らないで使っていた。

実際にこんなこともよくある話しですし、

これだけ知っていても見分けられることも多いので、

是非、記事を参考にしていただければと思います。

 

ルイ・ヴィトンの刻印で本物か偽物か見分ける方法

 

皆さんはこの2枚の写真でどちらが偽物かわかりますか?

正解は左の写真が偽物です。

これはとてもわかりやすい写真ですが、

偽物と本物とで見分けるポイントがあります。

 

見分けるポイントは?

今回、写真を出したもので見分けるポイントとしては、

Oの形と®の位置です。

本物の刻印は、Oが限りなくまん丸にちかいOの形をしています。

また®の位置ですが、VとUのちょうど真ん中あたりに来ています。

偽物の場合は、Oが細長いOになっており、

®の位置はVの上に来ています。

基本的にはOの形と®の位置で本物か偽物か見分けます。

特に割と古いタイプの場合、

この2点である程度見分けがつくことが多いです。

旧型のヴィトンの場合は、

®の位置がV寄りに来ていることもあります。

また、FranceのFが小文字のfになっています。

こちらも本物のヴィトンであることがわかります。

 

最後に

いかがでしょうか?

今回は、ヴィトンの本物と偽物の見分け方の一部をご紹介しました。

他にも見分けるポイントがありますが、

今後ブログにも引き続き掲載していこうと思います。

今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です