ルイ・ヴィトンのシリアルナンバー(製造番号)の見方

こんにちは!Reiyaです!

今回は、「ルイ・ヴィトンのシリアルナンバー(製造番号)の見方」について解説していこうと思います。

これを知ることで、ルイ・ヴィトンの真偽についての知識もつくと思いますので、
最後まで読んでいただけたらと思います。

シリアルナンバーとは?

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)では、商品1つ1つに製造番号(シリアルナンバー)が刻印されています。

この商品は、いつ・どこで作られたかを表しているナンバーとなり、
同じ商品でも製造された年代や国によってシリアルナンバーが違う場所にあることも多いです。

そもそも、顧客が見分けるために刻印がされているわけではないので、
とても見えにくい場所にあったりすることも多く、
むやみに見ようとすると商品を傷つけてしまうことさえありますので注意してください。

 

シリアルナンバーがないものもある!?

シリアルナンバーがつけ始められたのは、1980年代初期からと言われており、
とても古いものはシリアルナンバーは刻印がありません。

また、初期につけられていたものは、刻印ではなく印字されていたので、
いつの間にか消えているのも結構あります。

初期でなく最近のものでも、使用していくにつれてスレて消えてしまうこともありますので、
真偽を見分ける際に確認するポイントの1つとして考えていただければと思います。

『シリアルがないから偽物!』というわけではございません。

 

シリアルの見方

ヴィトンのシリアルナンバーについては

アルファベット2文字 + 数字4桁 (数字4桁 + アルファベット2文字)
アルファベット2文字 + 数字3桁 (数字3桁 + アルファベット2文字)
※アルファベット1文字+数字5桁あり(製造工場のフランスを確認してください。)

-製造工場-

アルファベットは製造国(製造工場)を表し、数字は製造年代を表します。

フランス AA AAS AC、AH AN AR AS BA BJ BU CT DU ET FL LW MB MI MS NO RA RI SL SN SP SR TH TR TJ VI VX A1 A2 A3
スペイン CA GI LB LM LO
アメリカ FC FH LA OS SD
イタリア BC BO CE FO MA RC RE TD
スイス D1 FA
ドイツ LP
修理(リペア) DK

一番多いのはフランスです

財布はスペイン製が多く、恐らく転売をしていて手に取るのはフランスとスペインがほとんどかと思います。

その次にアメリカかなと思います。

 

-製造番号-

1980年~ 834→1983年4月
前から順に年代を表しています。
1985年~ AN887→1988年7月
891AN→1989年1月
RA8608→1986年8月
前から順に年代を読んでいきますが、
アルファベットが前に来たり後ろに来たりします。
数字も3桁か4桁となります。
1990年~2006年 MI0071→2001年7月
読み方が変わってきます。
2つ目、4つ目で年代を表します。
1つ目、3つ目で月を表します。
2007年~ MI1079→2009年17週
2つ目、4つ目で年代を表します。
1つ目、3つ目で週を表します。

 

シリアルがあっても偽物はある

メルカリやヤフオクでは、「シリアルはありますか?」という質問がとても多いです。

シリアルはあくまで査定する際の1つのポイントであって、
シリアルがあるからと言って本物とは限りません。

今は偽物にもシリアルナンバーは存在しているものが多いので、
シリアル以外に確認すべきポイントもたくさんあります。

 

シリアルナンバー(製造番号)と型番の違いを知る

ルイ・ヴィトンにはシリアルナンバーの他に、型番があります。

型番とは商品の種類です。

型番はアルファベット1文字+数字5桁「M40157」というようなものになりますが、
型番が商品に刻印されていることはありません。

 

まとめ

いかがでしょうか?

ブランド品転売をやる上で、真偽の見分け方を知ることをとても重要になります。
特にシリアルの見方が分かっていないと、相手に説明できずに不信感を持たせてしまうこともありますので、この際にチェックしておりてください。

また、シリアルの見方も少しややこしくなっていますので、
このページを「お気に入り」や「ブックマーク」などに入れていただくことでいつでもチェックできるかと思います。

今回も読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です