ヤフオクで安く、お得に仕入れる方法のまとめ

こんにちは!Reiyaです!

今回は、「ヤフオクで安く、お得に仕入れる方法のまとめ」という記事を書いていきます。

ただ単に仕入れを作業的にやるのではなく、

少し考えながら、コツをつかみながらやると安く仕入れができてしまうこともあります。

いくつかのポイントをまとめましたのでご覧ください!

また、僕は仕入れにビットマシンを使うことも推奨していますが。

時間に余裕も持ちながら仕入れができますので、

ビットマシンをご存じないからは是非こちらの記事もご覧ください。

ヤフオク予約入札に便利な、BidMachine(ビットマシン)のご紹介

 

自動延長がない人から買う

ヤフオクに出品する方は基本的に「自動延長」の設定をして出品します。

しかし、ヤフオクになれていない方、久しぶりに出品する方は、

自動延長の設定をせずに出品してしまう方がいます。

基本的に延長があるものと思って商品を購入する方、仕入れ目的で購入する方がほとんどですので、

終了10秒前に入札して「自動延長」と思っていたのが、

自動延長なしを気づいている方だけが、

終了10秒前でそれ以上の金額で入札していて気づいたら終わっていた。

ということが結構多いです。

また、自動延長なしだと終了10秒前から入札が多く入ることもあり値段が一気に跳ね上がることがあります。

それでも自動延長を設定している商品より安値で終わることが多いのです。

つまり、自動延長なしの商品を見つけたらチャンスと思ってチェックをしておくことをお勧めします。

 

同じ出品者から複数の商品を買って送料を安くしてもらう

これは僕もよくやったりします。

特にストアさんの出品は「いくつ落札しても950円!!」などと設定しているストアさんは多いです。

最近は配送会社の発送料金が上がっていますので、

ストアさんも送料の値上げをしているところも増えてきましたが、

まだまだいくつかっても同一料金を設定しているところも多いので、

落札したら同じ出品者の商品もチェックするといいと思います。

反対に個人の出品者の場合は、このようなことは少ないので、

「同梱の場合の料金はどうなりますか?」と事前に質問しておくのもいいと思います。

 

新着商品の即決価格を狙う

新着表示にして、即決価格を狙います。

常に新しい商品を見ていくことは非常に重要で、これはメルカリでも同じです。

新しい商品の即決価格の中には、値段をあまり考えず出品する方も多いので、

こういった商品も狙い目です。

 

夏に冬の商品、冬に夏の商品。逆の季節商品を買う

わかりやす商品ですと、

夏にモンクレールのダウンジャケットを購入する。

冬にサンダルなどの夏用の商品を購入するなどです。

僕は在庫を嫌うのであまりやりませんが、

これは確実に利益が取りやすいやり方です。

 

出品者と交渉して買う

例えば、「ヴィトン バッグ」と検索し、

新着表示で並べ替えてみてください。

その中で「早期終了あり」としている方を対象に値段交渉をします。

この画像の商品は、開始価格が4000円となっていますが、

3000円で交渉してもいいわけです。

「出品者への質問」で出品者に交渉します。

「初めまして。こちらの商品が大変気になっております。

3000円でご検討いただけませんでしょうか?

ちょうど〇〇のイベントが〇〇日にあり、少しでも早く手にしたいため、

3000円で購入できましたらすぐに支払いを致します。ご検討宜しくお願い致します。」

このような感じで交渉します。

意外なことに、このような交渉で値段を下げていただけることも多いです。

大切なのは丁寧な言葉で交渉することです。

こちらも是非やってみてください。

 

新規アカウント・評価が少ない・評価が悪い人から買う(上級者)

新規アカウントとは、評価がない方のことを言います。

しかし、ブランド品の場合は「偽物」である可能性もあります。

僕がやっているカメラ製品なんかも「ジャンク」である可能性もあります。

新規アカウントは注意が必要で、上級者向けだと思いますので、

最初は避けたほうが無難でしょう。

しかし、新規のアカウントの方ほど値段も上がりにくいので、

安く仕入れができる可能性が高いです。

評価が少ない方からも、安く仕入れができる可能性があります。

50以下の評価であれば少ないかな?と僕の場合は感じます。

しかし、これも注意が必要で、購入してみたらジャンクだった。偽物だった。

ということもありますので注意が必要です。

こちらを見ていただくと、総合的な評価は92.4%となっていますが、

悪い評価、普通評価の数がかなり多いです。

このような方も値段が上がりませんので、仕入れが安くできる可能性もあります。

しかし、10個に1個は何かしら問題があると考えると、

しっかり写真や状態を見て、または質問して仕入れする必要があると思います。

 

まとめ

いかがでしょうか?

昔は「画像がない人から買う」などもできたのですが、

今はスマホでも簡単に出品できるので画像がない方は逆に注意が必要です。

届いてみたら状態が悪すぎたなど訳アリの場合もあります。

安く仕入れるポイントを頭に入れておいて、

良い仕入れができるよう頑張ってください!

また何か良い仕入れ方法がありましたらご紹介したいと思います!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です