ブランド転売では返金保証を付けるべきか?

こんにちは!Reiyaです!

「今回は返金保証制度をつけるべきか、つけないほうが良いのか」

について書いていきます。

一度売ったものを返品するということについては、

出品者としてはあまりいい気持ちではありません。

しかし、つけるかつけないかで大きく変わってくる可能性もあるので、

返金保証を付けなくても一度読んでおいてほしい記事になります。

返金保証制度とは?

ここでご説明する返金保証制度とは、

私たち出品者がヤフオクやメルカリ、イーベイで顧客から一定の期間内に返品の申請を受けた際に、

私たち販売者がお支払いいただいた料金をお返しするという制度になります。

このように、「返品できますよ」と商品説明に記載してあるものです。

 

返金保証制度の効果は?

それでは、実際に返品してくる方はどの程度いるのか?についてですが、

実際には2~3%と言われています。

なぜこんなにも低いのかというと、

「返品する時間が勿体ない・面倒」

「相手に悪い」

「わざわざ送り返すのが面倒である」

など、「返品すること自体がめんどう」であるというのが大きな理由です。

 

全額返品保証を導入している企業が増えている?

今度、皆さんが何かを購入したり、サービスを利用する際に気を付けてみていただくと、

意外に「全額返金」を掲げている企業はたくさんあります。

最近ではライザップも全額返金のサービスを実施しています。

いろんな業界で全額返品保証というのは広まってきています。

 

ブランド転売では返金保証を付けるべきか?

では、「ブランド品転売で全額返金保証制度を付けるか?」については、

私はつけるべきと思っています。

ブランド品を購入する際に、購入者が一番不安なのは何でしょうか?

「偽ブランド品ではないか?」

「状態が思ったより悪いのではないか?」

この2点だと思いますが、

皆さんが思っている以上に「購入者は偽ブランドではないか?」

と疑って購入するということです。

 

顧客は安心を購入する

この疑いを無くすのに一番手っ取り早いのが

「全額返金保証制度」です。

「偽物であれば返品できる」という安心を購入者は買います。

ヤフー知恵袋を見ていただくとすごくわかりやすいです。

「ヤフオクで購入したのですが本物ですか?」

「メルカリで買ったのですが偽物ではないですか?」

人によっては、「ヴィトンの公式オンラインショップで買ったのですが本物ですか?」

というようなびっくりするほどの質問を見ることがあります。

それほどブランド品を購入する際は、

偽物の疑いを持たれていることを頭に入れていただければと思います。

 

まとめ

僕としては「返金保証制度」を必ずつけるという考えです。

もちろん絶対につけないというわけではございませんし、

立て続けに返品を受ける可能性もあります。

そんな場合に「やっぱつけるのやめよう」と思うことも出てくると思います。

しかし、必ず売り上げに違いが出てくると思いますので、

一度検討していただくことをお勧めいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です