並行輸入品って本物!?偽物!?(ブランド転売をするときに気を付けること)

こんにちは!Reiyaです!

今回は、「並行輸入品って本物!?偽物!?(ブランド転売をするときに気を付けること)」について解説していきたいと思います。

ブランド品転売をしていると、並行輸入って言葉が出てくることがあります。

ブランド転売をしている人もそうでない人も、
並行輸入がどんなものか知っていて損はありませんので是非この機会に理解してください!

 

並行輸入ってなに??正規品との違いは?

まず正規品とは、正規代理店を通じ、
日本の百貨店などで販売しているブランド品のことになります。

私たち消費者に来る流れとしては、
海外メーカー→日本の正規代理店→日本の百貨店、販売店→消費者

それでは並行輸入はどんな流れで私たちまでくるかというと、

海外メーカー→海外の小売店・販売店、買い付け業者など→日本の販売店→消費者

このような流れになります。

ですので、並行輸入品は正規のルートで日本の販売店に流通しているわけではないのです。

 

並行輸入のメリット・デメリット

並行輸入のメリットとしては、価格の安さにあります。

円高になれば、日本の並行輸入品を購入する業者は安く仕入れることができます。

海外ブランド品はブランドイメージを守らないといけないこともあり、
定価での販売でしかしません。

日本の電気屋さんのように、決算前だから赤字覚悟の半額セールなんてことは絶対にしないのです。

もう1つのメリットとしては、
日本で未入荷の商品も並行品では手に入れることができる点です。

ファンにとってはどうしても手に入れたい品が日本で販売してない!という時には並行品を購入したりします。

では、逆のデメリットはなんでしょう?

転売をする僕たちへのデメリットはあまりないかと思います。

正規品であれば、アフターフォローを受けることもできます。

ただ、ギャランティがないとアフターフォローを受けることができないブランド品の場合は、
転売をする際にはマイナスな点かと思います。

正規ルートを通っていないのでギャランティもないことが多いですし、
あったとしても購入店舗が未記入になります。

あとよくご質問があるのが、すべてのブランド品にギャランティはあるか?ということですが、
ないと言うのが答えになります。

ルイ・ヴィトンもギャランティはないですが、
いまだにメルカリで「保証書はありますか?」という質問が来ることがありますが、
ヴィトンは保証書を発行していません。

 

結論!並行輸入品は本物です!(絶対見て!)

記載したよう並行輸入品というのは、
僕たち消費者の手元に来るまでのルートが違うだけであって、
商品そのものは本物になります。

特に有名なのはドンキホーテさんですね。

ドンキホーテさんのブランド品コーナーを見ていただくと、
「並行輸入品」と記載されているかと思います。

ヤフー知恵袋でも「ドンキで売っているブランド品は本物ですか?」という質問が結構されていますが、
間違いなく本物です!!

ただし、、、、どんなものでも並行輸入品が本物と思わないでください。

日本でドンキホーテさんのようにしっかり会社があり、
年々、並行輸入品のブランド品を販売している会社であれば本物と思って間違いありません。

しかし、ヤフオクやメルカリで、並行輸入品です。海外輸入品です。

このように記載している出品者がたまにいます。

100%とは言いませんが、このような方たちから購入を考えているのであれば、
慎重に考えて購入してください。

100%とは言いません。

ヤフオクやメルカリでも、しっかり正規品を販売している方々もたくさんいると思います。

しかし、並行輸入品です。海外輸入品です。と記載のあるアカウントが一定の評価になったら飛んでます。。。

飛んでいるというのは利用停止になってます。

ということは、あまりよくない方がそのように偽って出品している可能性があるということです。

今回の記事はこれで以上となります。

いかがでしたか?

並行輸入品にはメリットもデメリットもありますが、
転売をされる際には信用があるところから、信用できるところから購入することを心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です